ワンルームマンションの購入におけるメリットとデメリット

ワンルームマンションの購入におけるメリット

少ない資金で購入可能。

1,000万円以下で考えれば不動産投資としては少ない金額で購入可能です。

ファミリータイプに比べて賃借人の回転が早い。

主に単身者がターゲットの為、ファミリータイプに比べ回転率が良い傾向があります。

安定収入源の確保。

家賃収入により毎月安定した収入が見込めます。

個人年金の設立。

収入源の確保により個人年金の代わりになります。

預金などと比べても利回りが良い。

預金など元本保証型の商品は軒並み1%以下なのに対し、5%以上と高利回りです。

価格が安いため売却しやすい。

ファミリータイプに比べて安価であり購入出来る層が広がる為、売却しやすいのです。

固定資産税が安い。

専有面積、土地の持分が小さく税金が安くすみます。

内装費用が安い。

お部屋の専有面積が小さい為、壁紙、フローリングなどの張替え面積が少なくリフォーム費用が安くすみます。

ワンルームマンションの購入におけるデメリット

空室リスク

東京都の単身世帯数は10年、20年先も増加し続けることが予測されています。
賃貸需要が安定している東京都の物件を選ぶことが空室リスクを防ぐポイントです。

滞納リスク

入居者の家賃滞納はオーナーにとって大きなリスクの一つです。
滞納が何ヶ月も続けば、想定した利回りが実現しないばかりか、ローンを組んでいる場合には返済にも影響します。 滞納を防ぐためには、素早く対処することが重要です。
また当社でもSB管理システムにより、家賃保証、家賃滞納保証などの賃貸管理サービスがございます。

建物の老朽化リスク

建物老朽化のリスクもありますが、設備の故障などのリスクもあります。
分譲したデベロッパーや施工したゼネコンを参考に良質な物件を選びましょう。

地震による建物倒壊リスク

阪神・淡路大震災における「建築時期別マンションの被災状況」(東京カンテイ調べ)のデータなどから、新耐震基準が施行された昭和56年以降建築のマンションは主要構造部に致命的な損傷を受けた割合が0.3%とかなり低く、安全性は高いと判断できます。
しかし、実はどの年代のマンションも全く損傷が無かった割合が50%もあり、半数は無傷だったのです。
つまり一概に築年数だけでは判断できず、地盤の違いなど建築されているエリアも含め検討することが大切です。

賃料が下落するリスク

新築の場合、新築時は比較的高めで賃料を設定しているケースがよくあります。そして入居者が退去し中古扱いになると賃料を下げるのが一般的な為、賃料の落差を感じることがあります。
しかし、中古になってからの大幅な変動はあまりありません。どうしても心配な方は家賃保証をおすすめ致します。

物件価格の下落リスク

基本的に家賃収入を得ることを目的としている為、物件価格が下がっても特に問題はありません。そもそも下落しにくいエリアを持つことでそれらは回避することができます。

マンション投資における1,000万円以下のおすすめ物件をご覧ください!

1,000万円以下のおすすめマンション物件
ワンルームマンションの購入におけるメリットとデメリットページトップへ

注目のマンション投資物件

東急東横線「代官山」駅徒歩13分

平成23年5月 更新情報

999 万円

この物件を見る

マンション投資のプロが知る事実!